資料ダウンロード

download

SmartDrive Fleetや各種製品・ソリューションの詳細資料や、車両管理にまつわる各種資料がダウンロードできます。

サービス紹介

3分でわかるSmartDrive BPO

3分でわかるSmartDrive BPO

車両を業務利用する企業は、法令遵守や運転日誌・保険・免許証のデータ管理、運用コストなど多岐に渡る悩みを抱えています。本資料では、それら車両管理業務に関する悩みを外部委託することで解決へと導くアウトソーシングサービスをご紹介します。

3分でわかるSmartDrive Fleet Basic

3分でわかるSmartDrive Fleet Basic

SmartDrive Fleet Basic は、法令上必要なアルコールチェックや社用車の乗車前後の日常点検をスマホで簡単登録、クラウド上で一括管理することができます。1人あたり月額500円から簡単に導入でき、紙やエクセルで管理していた情報をデジタル化し、アルコールチェックだけではなく運行日誌の作成など道路交通法をはじめとした法令遵守をサポートします。

EVシフトおまかせパッケージのご紹介

EVシフトおまかせパッケージのご紹介

走行データの把握・分析、CO2排出量可視化、充電設備の手配など、社有車のEV切り替えには様々な対応が必要となります。本資料では、EV化にあたり実施すべき具体的な実務を完全サポートする「EVシフトおまかえパッケージ」をご紹介します。

SmartDrive Fleet Basic 導入事例のご紹介

SmartDrive Fleet Basic 導入事例のご紹介

アルコールチェック義務化にむけて、SmartDrive Fleet Basicを利用してどのように法令順守を行うのか。こちらの資料では、実際に導入を決定した企業様での導入の決め手や、導入後の運用イメージについて紹介します。

車両管理の基礎知識

【動画】弁護士が動画で解説!法令遵守チェックリスト -アルコールチェック義務化編-

【動画】弁護士が動画で解説!法令遵守チェックリスト -アルコールチェック義務化編-

監修弁護士が自ら動画解説。アルコールチェック義務化によって企業が法令遵守する上で欠かせなくなったチェック項目を、インタビュー形式でまとめました。自社のアルコールチェック運用の体制を今一度ご確認ください。満たせていない項目があった場合は、弊社までお気軽にご相談ください。

【動画】「アルコール検知器義務化」運用対策セミナー

【動画】「アルコール検知器義務化」運用対策セミナー

2023年12月1日に施行された「アルコール検知器を用いた酒気帯び有無の確認」。検知器利用が本格的にスタートし、これまで以上に車両の利用形態や使い方にあわせた、細やかな運用設計が必要になります。 本動画では、運用時に確認しておくべきポイントや、具体的な対策、さらにスマートドライブが提供するアルコールチェックへの対応サービスについて解説します。※本動画は2023年12月に撮影しております。

弁護士監修|法令遵守チェックリスト -安全運転管理者編 15項目-

弁護士監修|法令遵守チェックリスト -安全運転管理者編 15項目-

安全運転管理者の設置に必要な法令上のチェックポイントを、弁護士監修の元15項目にまとめました。第一部には、企業にとって必要な5項目を掲載。第二部では、安全運転管理者本人にとって必要な10項目を掲載しています。自社の体制に問題がないか、改めて確認する機会として是非ご活用ください。

【動画】12月1日施行予定「アルコール検知器の使用義務化」 各種アルコール検知器を利用した運用イメージと気をつけるポイント

【動画】12月1日施行予定「アルコール検知器の使用義務化」 各種アルコール検知器を利用した運用イメージと気をつけるポイント

2023年6月9日にパブリックコメントの募集が開始され、いよいよアルコール検知器使用義務化が現実味を帯びてきました。本動画では、今回のパブリックコメントの内容に加え、「据置型・携帯型」「通信・非通信」など様々なアルコール検知器がある中で、それぞれどのように運用していけば良いのかというイメージとともに、運用時に気をつけるべきポイントについて解説します。

アルコールチェック運用事例集

アルコールチェック運用事例集

本資料では、車両を利用する法人にとって課題となるアルコールチェックの運用構築について、具体的な事例を3つのパターンに分け、それぞれのポイントを詳しく解説します。これから新しく運用を構築する法人に限らず、現在行っている運用を改めて見直したい法人にとっても必見の内容です。

脱炭素経営に向けたEVシフトの進め方

脱炭素経営に向けたEVシフトの進め方

ESG投資、CO2削減、SDGs。近年、地球温暖化への問題意識の高まりは、企業経営にも密接に関わってきています。今後企業が信頼を得るため、そして事業を継続して行く上で「脱炭素」は重要なキーワードの一つです。そこで、地球温暖化の現状や社会動向、EVシフトをする際の障壁となる点、障壁を乗り越えるための適切なステップなどをご紹介します。

【動画】価格高騰時代に必要な車両関連コスト削減とキャッシュフロー改善

【動画】価格高騰時代に必要な車両関連コスト削減とキャッシュフロー改善

エネルギー、原材料、資材等の高騰による様々な必要経費の増加。長期化が予想される中、対策に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。本動画では、法人車両にフォーカスし、車両の契約形態や保険、利用実態など様々な視点から、車両に係るコスト削減の考え方や具体的な手法を紹介します。(動画撮影日:2023年2月14日)

令和4年度版 道路交通法改正対応 完全ガイド

令和4年度版 道路交通法改正対応 完全ガイド

2022年4月から道路交通法改正(道路交通法施行規則の一部改正)に伴い、アルコールチェック義務化など安全運転管理者の業務が変わります。本資料では、改正内容や安全運転管理者を取り巻く環境の変化・その対策などについて徹底解説します。

【動画】数字で見る安全運転管理者の必要性

【動画】数字で見る安全運転管理者の必要性

SmartDriveによるオンデマンド解説動画です。「安全運転管理者の必要性」について、数値データを元にコンパクトに解説します。新たに安全運転管理者になられた方、これから安全運転管理者の設置を検討されている企業様におススメの動画です。

道路交通法改正に伴う管理者業務の厳格化を徹底解剖! -再度見直される企業の車両管理コンプライアンス-

道路交通法改正に伴う管理者業務の厳格化を徹底解剖! -再度見直される企業の車両管理コンプライアンス-

2022年4月の道路交通法改正(道路交通法施行規則の一部改正)や同年に閣議決定された道交法改正案など、厳罰化の傾向がうかがえます。本資料では、台数やナンバーの種類に関わらず、車両を業務利用する場合に伴うリスクと企業が取り組むべき事について解説し、車両管理における課題とその解決策をご提案します。

5分でわかる自動車保険料削減

5分でわかる自動車保険料削減

本資料では、企業における自動車保険料の削減を実現するための解決策を、特にフリート契約の観点から、その概要や仕組み、事例とともにご紹介します。

【動画】総務必見! アルコールチェック含めての法令対応 抑えるべきポイントと具体的運用法

【動画】総務必見! アルコールチェック含めての法令対応 抑えるべきポイントと具体的運用法

弊社のお客様から、白ナンバー車両におけるアルコールチェックに関して、法令遵守するのはどのような運用をしたらいいのか?という声を聞く機会が増えています。運用の疑問点や、検知器の種類や管理方法をパターン別に解説。運用別の法令対応範囲まで説明します。

ETC2.0で始める運送車両のデジタル管理

ETC2.0で始める運送車両のデジタル管理

2024年問題が間近に迫る物流業界。ドラレコやデジタコを用いた「動態管理」に力を入れる企業が増えている一方で、「大きなコストはかけられない」「何を導入すべきか分からない」という声も多く伺います。そういった悩みを抱える方に向けて、本資料ではアナログタコグラフをご利用中の企業が、ETC2.0を活用することで実現できる低コストの動態管理サービスについて、解説します。

導入支援

活用方法

【動画】最初のDXプロジェクト成功を目指して -移動データ活用がDXの第一歩に適している3つの理由-

【動画】最初のDXプロジェクト成功を目指して -移動データ活用がDXの第一歩に適している3つの理由-

国内におけるDXの現状を振り返ると共に、既存システムの問題解決や複数部門の調整に焦点を当て、成功するDX推進術をご紹介いたします。さらに、最初のDXプロジェクトに移動データの活用が適している理由についても解説いたします。※本動画は2023年6月に撮影しております。(動画時間:32分24秒)

【動画】フィールドエンジニアの日々の業務を支援する車両管理システム

【動画】フィールドエンジニアの日々の業務を支援する車両管理システム

アフターサービスや保守・メンテナンスを主体業務とするフィールドエンジニアですが、ここ数年、「修理に向かう・設備の安全点検を行う」などの役割を越えて「顧客との接点をつくり、売上を上げる」重要な職種として注目を集めています。本動画では、車両管理システムを活用し「業務の可視化」や「社内連携の強化」を進めることでサービス品質の向上に取り組む方法を解説します。(動画時間:22分25秒)

新入社員の安全運転指導マニュアル -テレマティスクの活用法-

新入社員の安全運転指導マニュアル -テレマティスクの活用法-

新入社員を迎えるにあたり、企業は多かれ少なかれ不安を抱えるものです。特に新入社員の車両の使用に関しては、その運転技術や慣れない環境や車両での運転、新入社員の安全運転指導など懸念すべき点が多くあります。そこで本資料では、新入社員が安全運転をし、事故を防ぐために必要な対策と具体的方法についてご紹介します。

5分でわかるトレーラ・シャーシ・コンテナの動態管理

5分でわかるトレーラ・シャーシ・コンテナの動態管理

2024年問題や燃料費高騰など、さまざまな課題を抱える物流業界。これらの課題への対策案として、トレーラやシャーシ、コンテナの運用を見直すことが挙げられます。本資料では、それらの適切な運用と管理を実現するクラウド型車両管理システム活用法をご紹介します。

マイカーの業務利用でつまずく6つの課題とその解決策

マイカーの業務利用でつまずく6つの課題とその解決策

私有車(マイカー)を通勤・業務利用することは、企業のコスト削減や社員の「乗り慣れた車両での運転」による安心感、通勤時間の短縮につながるなどのメリットがあります。一方で、事故発生時の責任の所在が曖昧など管理者が頭を抱えてしまうこともしばしば。そこで本資料では、適切にマイカーを業務利用し、その恩恵を享受する方法について、よくあるお悩みと合わせて紹介します。

【動画】フーディソンが語る、安全運転が組織に定着するためのポイント

【動画】フーディソンが語る、安全運転が組織に定着するためのポイント

SmartDrive Fleetユーザー企業である株式会社フーディソン様をお招きした対談動画です。スマートドライブが主催する「全国安全運転イベント」においても常に好成績を収め、安全運転が組織に深く根付いているフーディソン様。実際にどのような施策を実施しているのか?気をつけるポイントは?、幅広くお答えいただきました。(動画視聴時間:30分)

【動画】「残業ゼロ!実現計画」~割増賃金到来!

【動画】「残業ゼロ!実現計画」~割増賃金到来!

2023年4月から中小企業も時間外労働の割増賃金が25%から50%へ引き上げられます。これからの中堅中小企業には、「生産性を上げる」「ひとりあたりの給与を上げる」「残業をなくす」といった働き方への対応がが求められてる中、本動画では、特に生産性向上について、船井総研・スマートドライブ・OBCの各社より、実際の実践事例をご紹介します。(動画視聴時間:1時間)

【動画】正しいバックオフィス管理で業務時間2割削減!

【動画】正しいバックオフィス管理で業務時間2割削減!

働き方改革が求められる昨今、バックオフィス部門では、煩雑なアナログ作業が増加する傾向にあります。本動画では、船井総研、KiteRa、スマートドライブの3社より、業務効率化のためのデジタル活用法やクラウド管理において押さえておくべきポイントと最新事例をご紹介します。(動画視聴時間:70分)

【動画】医療・介護業界で役立つ車両管理システムとは -安全運転・法令遵守・業務改善-

【動画】医療・介護業界で役立つ車両管理システムとは -安全運転・法令遵守・業務改善-

医療・介護業界では、送迎車両・訪問用車両などの管理や活用を見直すことで、業界課題の解決に取り組もうとする企業が増えています。本動画では、車両管理システムを活用したドライバーの安全運転推進やアルコールチェックなどの法令遵守、業務改善の方法について、実際のデモ画面も用いながら解説します。

5分でわかるドライブレコーダーを通信型にすべき理由

5分でわかるドライブレコーダーを通信型にすべき理由

今やドライブレコーダーにできることは事故時の状況確認だけではありません。通信型ドライブレコーダーを使用することで、幅広い領域に活用することができます。本資料では、通信型ドライブレコーダーと従来の非通信型ドライブレコーダーを比較し、そのメリットや、その活用方法を解説します。

5分でわかる動態管理-リアルタイム位置情報と事例-

5分でわかる動態管理-リアルタイム位置情報と事例-

業務で車両を利用する上で、「外出中の動きを把握できず、問い合わせ時にドライバーの状況を瞬時に回答できない」「ドライバー間の連携が難しい」などの課題を抱えている企業は、少なくありません。本資料では、それらの課題を解決するための「動態管理」について、その機能の一つであるリアルタイム位置情報の視点から解説します。

5分でわかる車両台数適正化

5分でわかる車両台数適正化

自社の車両の台数や稼働率を明確に把握できていますか。車両を保有するには、保険料や維持費などのコストがかかるため、保有車両の台数を見直すことで、コストを大幅に削減することも可能です。本資料では、車両台数適正化に向けた取り組みを4つのステップでご紹介します。

5分でわかる運転日報自動化によるコスト削減

5分でわかる運転日報自動化によるコスト削減

車両を業務で利用する企業にとって、運転日誌の記入は欠かせません。しかし、手書きでは書くのが手間、データの集計に時間がかかる、保存が困難などの課題があります。本資料では、解決策として「運転日誌の自動化」をご紹介。自動の運転日誌機能にできることや、自動化によるメリットを事例と併せて解説します。

コロナ禍における車両関連コスト削減の基本 -管理者が押さえておくべき手順とポイント-

コロナ禍における車両関連コスト削減の基本 -管理者が押さえておくべき手順とポイント-

法人企業にとって、営業活動・配送・送迎など、車両は必要不可欠な存在です。しかし、購入時はもちろんのこと、税金やメンテナンス費用、駐車場代など、年間にかかる管理費や維持費は、例え保有台数が数台であったとしても、大きな負担になっています。当動画では、車両関連コストを削減する際の考え方の基本から、車両を最適化させるためのポイントについて、スマートドライブ、キムラユニティー、パーク24の3社それぞれの視点から解説します。

5分でわかる継続できる法人の安全運転推進

5分でわかる継続できる法人の安全運転推進

車両を業務利用する企業にとって、安全運転は社員だけでなく企業自体を守るためにも欠かせません。本資料では、安全運転の重要性を振り返ると共に、安全運転促進に向けた取り組みをご紹介。取り組み時の注意点やクラウド型車両管理システムを活用した安全運転活動について解説します。

Page
Top