2020年01月27日

NEDO「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」に採択

モビリティにまつわるハードウェアやアプリケーション、テレマティクスサービス等の開発をはじめ、センサーデバイスを通じて収集・解析されたビッグデータを活用し、IoT時代の新たなサービスを提供している株式会社スマートドライブは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が公募した「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」において、「モビリティセンシングデータプラットフォームの構築とConnected Carサービス特化型AI SaaSの開発事業」を提案し、採択されました。

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

ニュース一覧に戻る